自動車にコーティングをしよう

自動車コーティングをご存じでしょうか。

 

コーティング剤を自動車に塗布することによって透明の被膜ができます。

 

これによって自動車には艶ができ、ワックスがけする必要性がなくなるのです。

 

さらに傷もつきにくくなるというメリットがあります。

 

もしも傷がついたとしてもコーティングの部分だけでしたら本体のほうには傷が行きません。

 

それから水垢などもつきにくくなります。

 

被膜のおかげで水をはじくことができるからです。

 

さらに汚れなどもつきにくくなるのです。

 

汚れがついた場合は水で軽く流すだけで取れます。

 

汚れも被膜のおかげで取れやすい状態になるからです。

 

ただしこの被膜は永遠に保てるわけではありません。

 

その材料被膜の材料にもよりますが、早い場合は一年で長い場合ですと5年ほどで被膜が取れます。

 

ただ、被膜があるほうがきれいさを保てるのは当然ですし、のちに中古車として売却をすることがあってもより高く売れます。

 

もしも被膜をつけるのでしたら、新車のときにしてください。

 

そして液体を塗布する前には必ず車はきれいに洗車して下さい。

 

汚れが付いたままでしてしまいますとその汚れが取れなくなります。

 

新車のうちにしますと新車の輝きを長い間持続できます。

 

少し傷のついている状態でしてもかまいません。

 

少し小さな傷がある場合にはその傷の部分にも被膜が入って傷が目立ちにくくなることもあります。

 

専門の業者で塗布してもらえますが、自分で液体を購入して塗布することも可能です。