目安を参考にしたい自動車のオイル交換

自動車のオイル交換に関しては、カーショップやガソリンスタンド、自動車ディーラーの担当者によっては、目安となる交換のタイミングにはばらつきがある傾向にあります。

 

一般的には3000キロメートルから5000キロメートル走行毎にオイル交換をすることが良いとされており、オイルフィルターに関しては2回に1度の交換を推奨していることが殆どです。

 

自動車の耐久性を考えた場合では、やはり日頃のメンテナンスが大切となり、特に駆動系であるエンジン周辺に関しては、大切に取り扱うことがお勧めになります。

 

そのためエンジンを保護するためにもエンジンオイルの交換は必須項目とされており、メンテナンスの中でも優先させる内容となります。

 

交換するタイミングに関しては、自動車の乗り方によっても左右される一面があります。

 

目安となる走行距離数に達していない場合でも、半年に一度程度の交換は必要とされており、特に寒冷地にお住いの方の場合では、使用するオイルの種類に関しても配慮することが必要となります。

 

一般的なオイルの場合では、十分に力を発揮できる気温というものがあり、寒冷地の場合では氷点下の真冬日でも問題無く使用できるオイルを利用することが求められています。

 

また、ある程度の距離数を乗り続けている自動車の場合では、時にオイルトリートメントなどの添加剤を使用することもお勧めとなりますが、各メーカーによってエンジンのタイプも異なるために、ディーラー等で確認することも必要です。