自動車の保険の種類とは

自動車の利用に当たり必要になるのが保険ですが、大きく2つに分ける事ができます。

 

1つは自賠責であり、もう1つは任意です。

 

それぞれには違った特徴があります。

 

まず自賠責というのは必ず加入する必要があり、もし未加入の状態ですと免停処分や罰金、懲役などが科せられてしまう事になります。

 

なぜ未加入というだけで重い刑が科せられるのかと思われる方もいらっしゃいますが、その理由は被害者を守る為の保険だからです。

 

もし、自動車事故が発生した場合、加害者が自賠責に未加入ですと被害者に損害賠償を支払う事ができない可能性があります。

 

それでは被害者が非常に大きな損害を被る事になりますので、そういった事を防ぐ為にも自賠責への加入が義務付けられているのです。

 

もう1つの任意についてですが、任意という名称からも分かるように加入は自由となっています。

 

しかしながら、自動車事故の内容によっては非常に大きな損害賠償金が必要になる事がありますので、任意に加入していない場合ですと支払う事ができなくなる可能性があります。

 

そういった事を回避する為にも任意に加入し、もしもの際には補償してもらう事が大切になります。

 

因みに自賠責の場合は人身事故に対してのみ適用されますので、その他の自動車事故の場合には任意で賄う必要があります。

 

その為にも任意への加入は大切です。

 

その任意には色々な種類の保険があり、それぞれで補償内容が違いますので、どういった補償が必要なのかを考えてみる事が大切と言えます。