自動車メーカーのほとんどは製販一体

自動車メーカーのほとんどは製販一体ではありませんが、そのメーカーの資本下の販売会社=ディーラーによって販売されています。

 

簡単に言えば、メーカーはその車の開発コンセプトとその設計を行い、それにあったエンジンやシャシーを開発しているところと言えます。

 

更に細かく申しますと、現在の産業構造は、そのほとんどの部品が分社化されて同系資本会社で制作されているのが現状です。

 

細かい部品で言えば、トランスミッション(オートマチック/ATを含む、変速機全般)や、シート、シートベルト、電気系部品や各種ハーネス類等も専業に分社化されており、それらを組み付けるところが工場であり、工場の拠点も海外に作られているのが自動車業界の現状と言えます。

 

そして、完成車が先に記述したとおり、系列のディーラーを通じて販売されています。

 

そのため、販売後の自動車になんらかの不具合が生じた場合は、購入者はディーラーに連絡しますため、ディーラーに入るユーザーズボイスは大変重要な情報源と言えます。

 

またほとんどのディーラーは、新車やモデルチェンジの際に、販売目標=事実上の販売ノルマを背負っているため、自社顧客の囲い込み=他車への乗り換えを防ぐために必死であることは言うまでもありません。

 

そのため、自動車オーナーは、新車等への乗り替えの際には、その自動車以外のライバル車の見積もりで有利な条件を引き出す得る立場にあると言っても言い過ぎではありません。