自動車の廃車にかかる費用について

車が故障してしまったりなどをはじめとした事情によりその車を廃車にするとなると、必要な手続きはもちろんのことそれにかかる費用も考えなければなりません。

 

まず陸運局で自分で廃車をする必要な手続きの大まかな流れとしては、まず解体業者で自動車の解体を行い、手続きに必要な解体証明書・抹消登録申請書・手数料納付書・印鑑証明書・車検証・住民票といった各種書類や印鑑・ナンバープレートを用意し、陸運局で自動車の廃車手続きを行って行くという流れになります。

 

ここでこの手続きにかかる費用としては、主に解体業者での解体費用とリサイクル料金とで料金がかかります。

 

解体業者で解体を依頼する場合は持ち込む場合だと基本的に無料ですが、そうでない場合は解体業者の場所から自分が住む場所や登録車両までの場所の距離などによって料金が変わってきますが、大体目安としては1万円前後かかるとされています。

 

しかしその車の部品に価値があるということから逆にその解体業者側から、軽自動車ならば約3000〜10000円・普通車ならば10000〜30000円とある程度のお金が戻ってくる場合が多いとされており、運がよければお金が入ってくることもあります。

 

リサイクル料金は車種によって異なり、国産軽自動車なら8000円・国産自動車なら10000円・外国車なら15000円・大型車なら20000円が目安になります。

 

このように陸運局にて自分で手続きを行う際には、その車によって変わってきますがある程度の料金がかかります。

自動車の廃車にかかる費用について関連ページ

自動車の耐用年数に関する内容