自動車の耐用年数に関する内容

あらゆる工業生産品には耐用年数というものがありますが、自動車の場合では実際の耐用年数を計測することは非常に困難となります。

 

自動車部品の中には消耗品に分類されるパーツが数多く取り付けられているもので、パーツごとに部品交換を必要としている部分があります。

 

例えば有名なものではタイミングベルトなどは一般的には10万キロの走行毎に交換することが推奨されているように、パーツによって耐久性が変わることになります。

 

自動車をトータルで見た場合でも、使用者によって耐久性が変化することもあります。

 

メンテナンスをしっかりと行っている場合では、比較的長い期間を乗り続けることも可能になりますが、走行距離数というものも重要な部分となるために、限度というものも存在しています。

 

また、自動車によっては不具合が発生した際に、必要となる部分のパーツを交換することによって、古い車両であってもリフレッシュさせることが可能になります。

 

一般的な家電製品の場合では、製造中止から5年から8年程度の年数を設けて、部品の供給を停止させることができます。

 

そのため部品の保有期間を過ぎてしまった場合では、修理することが難しい傾向にあります。

 

しかし、自動車の場合では、中古パーツも数多く出回っている部分になるために、車種によっては一般的な耐用年数を超えた場合でも十分にレストアすることが可能なケースもあります。

 

いわゆる旧車やレトロカーなどと呼ばれているものがありますが、メンテナンス次第ではいつまでも使用することも不可能ではありません。

自動車の耐用年数に関する内容関連ページ

自動車の廃車にかかる費用について